マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日
シェガガ砂漠ツアー
$570.00
出発: マラケシュ デュレーション: 4 日

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日砂漠・ラクダトレッキング:価格

 

人数 価格(DH) 価格(USD)

1名

8650 /人

960

2名

5150 /人

570

3名

4400 /人

490

4名以上

3600 /人

400

小人料金:1家族につき1人まで、12歳以下のお子様は50%オフです。

 

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日/3泊砂漠ツアー:含まれるもの

  • プライベートエアコン付き車両(4WD トヨタランドクルーザーまたはツアー用デラックスバン)ガソリン代
  • ツアー中の英語ドライバー
  • マラケシュでの宿泊地までの送迎
  • ホテル、カスバ、リヤドのエアコン付き部屋、朝食、夕飯(ベジタリアン可)
  • ラクダツアーと砂漠でのノマドのキャンプでの宿泊とガイド(プライベートテント)
  • アイトベンハッドゥ、カスバ、渓谷、での散歩等の自由時間、写真撮影休憩…等

 

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日砂漠・ラクダトレッキング:スケジュール

  • 夏期は午前8時 、冬期は午前7時30分にピックアップ
  • 冬期は午後5時30〜6時30分に到着

 

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日砂漠・ラクダトレッキング:当社で予約のメリット

  • 時間とお金を節約できます!私たちのツアーは最安です。
  • マラケシュ発シェガガ3泊4日ツアーはプライベートが保証されています。
  • 私たちはツアーの提供社であり、斡旋社ではありません。
  • 固定価格です。追加料金をとることは一切ありません。
  • ウェブサイトは24時間対応しています。
  • 予約にあたって前金をお支払いいただき、残金はツアーの最初にお支払いいただきます。
  • 支払方法はPayPal, クレジットカード/デビットカード、Bank Wire, 等がご利用いただけます。

 

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日砂漠・ラクダツアー:予約方法

予約フォームから申込をお送り下さい。12時間以内に返信します。何の返答もない場合は、迷惑メールフォルダ等を確認してください。それでも返信が届いていない場合は、再度お申し込みいただくか、お電話ください

マラケシュ発シェガガ砂丘3泊4日砂漠・ラクダツアー:旅程

  1. 1日目: マラケシュ—ハイ・アトラス–ワルザザート – アグデス
    モロッコの歴史の中でかつての帝国の重要な都市だった「赤い街」マラケシュを出発します。マラケシュは雪を冠ったアトラス山脈の麓にある街で、素晴らしいベルベルの村が散在する景色の中を走って行きます。 行程の半分ほど来ると、世界遺産のアイトベンハッドゥのカスバ、11世紀の要塞の村、を通ります。そこから35kmのところに、アフリカのハリウッドと呼ばれ、映画スタジオがあるワルザザートを訪ねます。  ドライブは1052kmに渡る椰子の木のオアシスの世界に沿って進みます。アグデスで1泊します。
  2. 2日目: アグデス– ザゴラ-タムグルート – マハミド – シェガガ砂丘
    モラービト朝の要塞がまだ見られるザゴラを過ぎるまで、ドラア谷に沿ってドライブを続けます。ドラア川沿いにある小さな町タムグルートで、モロッコで一番古い図書館を訪れます。ドラア谷に沿ってマハミドへ向かいます。今までのドライブで見て来た村々とほとんど違いのない村です。広大な大地や巨大なシェガガ砂丘に感動するでしょう。ラクダに乗ってシェガガ砂丘へ向かうと、今まで見たことのない砂丘の風景に出会うことでしょう。砂丘から素晴らしい夕日を見ます。 この夜は ベルベルキャンプに泊まり、見事な星空を楽しみます。
  3. 3日目: シェガガ砂丘– イリキ湖 – フームズギード– タズナフト – アイトベンハッドゥ
    静かで素晴らしい自然の砂丘が続くシェガガ砂丘から、自然に干上がってしまったイリキ湖へ向かいます。30年前はたくさんの水で満たされ、たくさんの種類の鳥たちで賑わっていた湖でした。この後はオフロードの長いドライブが続きます。 静かで眠ったような小さなベルベルの町のフームズギードから舗装した道路に戻ります。 タズナフトで休憩します。タズナフトはこの地域の貿易の街だったところです。この小さなベルベルの町は絨毯に関しては中心地です。その後世界遺産になっている11世紀にできた要塞の村、アイトベンハッドゥへ行き、ここで1泊します。
  4. 4日目: アイトベンハッドゥ– テロウェット-ティシュカ峠– マラケシュ
    アイトベンハッドゥからほんの40kmのところに、テロウェットのカスバがあります。かつてサハラからアトラス山脈を越えてマラケシュに向かうキャラバンが通ったところです。 テロウェットはグラウィ家の支配の中心地でした。グラウィ家はモロッコのムーレイ・ハッサン国王からからアトラス山脈南部の政治的支配権を与えられていました。 グラウィ家はほぼ君主として支配を強めていました。宮殿は訪れることができますが。着実に崩壊が進んでおり、2010年、この遺産の修復が始まりました。ティシュカ峠を過ぎたところでランチをとり、マラケシュに向かいます。

あなたの旅行を計画

関連ツアー

お客様の声