モロッコ王国について

モロッコ王国について

モロッコ

モロッコはアラビア語で、al-al Mamlakah – Maghrebiaといい、モロッコ王国という意味です。The Maghrebは日の沈むところという意味です。モロッコは北アフリカの最も西に位置しており、モダンなイスラム王国であり、ベストな観光地の一つです。モロッコはアルジェリア、スペイン、モーリタニアと国境を接しております。モロッコの北と西は海に面しております。南と東には砂漠と山があり、アルジェリアとの国境から続いています。地理的に、モロッコは5つの部分に分けられます。海辺、都市と平原、リフとアトラス山脈、そして砂漠です。モロッコは現在、Sous Massa Draa, Tensift Al Haouz, Meknes Tafilalt…など16の地域に分けられております。モロッコのどの街にも市場があり、それがモロッコの都市の中心となっております。フェズとマラケシュのメディナはマドラサ, パレス, ELhaddadin, Semmarine, Elaattarine..などのモニュメント、職人の場所を除き、実際、すべて市場です。
他に市場のある街は中央市場を有するカサブランカ、エディム広場の近くに市場があるメクネスがあり、エッサウィラは他の市場という観点から見ればモロッコの他の都市とは異なり、路地はムーレイエルハッサン広場からマラケシュ門まで続き、木を使った工芸品やカーペット、バブーシュなどが売られております。

 

モロッコツアー、都市、ハイライト

タンジェ:この街はモロッコの他の都市とは文化を異にしており、ヨーロッパとの長年の交流のため、植民地時代のヨーロッパの派遣者の下で作られた独自の法律と政権をもつ国際的な地域です。タンジェはスペインとヨーロッパの追放者、国籍離脱者、難民のための街だけではなく、ポール・ボウルズ、アレン・ギンズバーグやウィリアム・バロウのような1950年代から約10年過ごしたアメリカの小説家にとっても心の拠りどころとなる街でした。
他の混雑したモロッコの都市とは異なり、タンジェでは道がわかりやすく、2つの地域に分けられます。その2つとは、ヨーロッパ人入植者により建てられた新市街(New cityまたはVille Nouvelle)と、元々モロッコの街であったメディナです。タンジェからはティトゥアンを経て、北部の有名な、山の街であるシェフシャウエン(過去にはシャウエンと呼ばれていた)を訪れることができます。
タンジェやシャウエンの南には、モロッコの主要都市(フェズ、カサブランカ、マラケシュ)に行く鉄道のターミナルがあります。その他に、そのエリアにはリクサスの古代ローマの遺跡であるカルタゴがあるアシラやララシェなどの小都市があります。

カサブランカ:モロッコの経済的な首都であり、主要都市です。カサブランカはモロッコであらゆる意味で最も大きく(人口は約400万人)、最も発展しており、欧州の影響を大きく受けている都市です。カサブランカのほとんどの道や路地はフランスの征服下にあったときに、フランスの建築家により設計されたものです。

お客様の声